被災地で役に立った無印良品のグッズ

地震が起きて水道の水が入手できなくなって困ったときに、いちいち煮沸するのは燃料の問題もあり、大変でした。

そんな時に便利な製品はアウトドア用浄水器や錠剤型の消毒薬ですが、家に常備されている家庭は少ないでしょう。

でももし家で浄水器を使っているご家庭であれば、ポット型の浄水器が便利ではないでしょうか?

我が家は登山用の浄水器からポット型の浄水器まで色いろある、ちょっと特殊な家ですが、無印良品の浄水ポットは水を汲むと、水が自重で落下するときにフィルターを通ってろ過されるので、電気を使いません。また落下式なので、水圧は必要ありません。
蛇口に取り付けるトレビーノやクリンスイのタイプだと水道のように水圧がないとろ過できませんが、ポット式は水を汲んで置いておくだけで、ろ過されるのでとても便利でした。
濁り水のろ過だけでなく、衛生的にも生水を飲むことは避けたいので、普段浄水器をお使いでしたらポット式が便利だと思います。
無印良品以外にもドイツのブリタなどいくつか種類もありますので、好みのデザインや予算に合わせて選べますよ。

そして夜に便利だったのがLED式の持ち運べる灯りでした。
電気が停電して真っ暗な寝室で、子どもたちの安全を確認するために活躍しました。
この製品は充電式で光源が電球ではなく消費電力の少ないLEDだったので、少しの充電で長時間活用できます。

昼間は自家製の太陽光発電機で充電して、夜は枕元に常備して活用しました。
他の乾電池式だと電池の残量を気にすることになりますが、充電式は電池が新しければその心配が少ないため、おむつ交換の時にもとても役に立ちました。
明るさもスイッチひとつで2段階に変えることができるので、節電しながら使うことで夜の就寝時間から朝まで8時間ほど点灯させておくこともできました。
おまけにこの灯りの充電池は無印良品の店舗で注文することができるので、長い間使うことができます。
また本体がガラス製ではなく、硬質プラスチックなので、割れることもなく安全でした。
枕元に置くものはなるべく破損して怪我をしないものが最適ですので、この製品だけでなく、割れないものや壊れにくい灯りを常備しておくと安心です。
でもいつでも避難できるように靴下を履いて寝ていましたよ。

震災で役に立ったソーラーパネルとインバーター

0419

災害で電気が停電してしまった時、いつ復旧するか分からないときはスマホや携帯の充電残量が気になります。

今回のような大災害の時はいつ復旧するかも分かりませんので、節約しながら使っていました。
でも中継局も地震で作動していないようで、電波を常に探している状態になり、スマホのバッテリーは意外にも早くなくなっていきました。

そこで20Wの出力のソーラーパネルや車の中古バッテリーを使って、自家製太陽光発電をして家族全員のスマホを充電し続けることができました。

ソーラーパネルは地震で物が上に落ちで少し破損していましたが、テスターで図ると発電しているようでしたので、パネルに付属の変換器から12Vの車用バッテリー2個に配線して、ひたすら充電しました。
このパネルは庭のガーデンライトの発電用に購入していたのですが、LEDライトでも夜間常時点灯だとバッテリーに負担がかかって現実的ではないため、お蔵入りしていたものです。

バッテリーからは12Vを100Vに変換できる車載用インバーターを用いて100Vが取り出せるようにすぐできました。

ソーラータイプの充電器があれば、こんなことする必要はないのですが、パネルが大きいので充電効率も携帯用のものよりすぐれており、家族6人のスマホとガラケー、充電式ライトを常にバッテリー満タンにすることができました。

この方式であれば電気工事の免許も必要ありませんので、家に一つあるだけで安心度が違いますよ。

もし携帯用のソーラー発電機を購入するのでしたら、バックパックに取り付けることのできるタイプが携帯性も良好なのでおすすめです。

選ぶのに迷ったらモンベルが取り扱っている製品も保証の面で安心ですので、おすすめです。

番外編としてバイオライトという木質の燃料を燃やすことで気流が発生して、それが二次的にUSB充電できるというアウトドア用ストーブがありますが、スマホをガンガン充電できるわけではありませんし、木質の燃料が簡単に手に入る環境というのも限られてしまいますので、個人的にはソーラーパネルを一つ持っておくことが有効でしょう。

あとは子どもたちがトイレにいく時や夜に何かにつまづいて転んだりしないように、空気でふくらませるソーラー式のランタンがあります。
これだと感電の危険もないですし、風船みたいな形と素材なので、枕元においてても安心です。

震災で役に立つメンタルケアの方法1

嫌なことがあった時、目をつぶって好きなものを思い浮かべます。

例えばお気に入りのアイドルや大好きな果物やデザートなど。
もしあなたが頭においしいアイスクリームを思い浮かべたら、それをぱくっと口に入れる瞬間を想像してください。
口の中で冷たいアイスがとろけていくイメージができましたか?
もしあなたが上手にイメージできたのなら、口元がニッコリしているかもしれません。

 

人は大好きなものを考えた時に、脳に幸せを伝える物質が生まれます。
これは戦争で捕虜になっても生き延びた人の調査からも裏付けられています。
どんなに苦しい状況の中でも、自分の愛する人や家族のことを思う気持ちがあれば、脳はつらい状況にあっても神経伝達物質を出してくれます。

 

だから、もしあなたがつらい時は、大好きなヒーローやミュージシャン、大好きなデザートや食事を想像してください。
きっとそれを思い浮かべることができるなら、あなたはそのつらい状況を乗り越えられるでしょう。

 

そしてもし、心臓がバクバクしそうなくらい恐怖や不安で心が押しつぶされそうなときは、まず椅子に座るか立って背筋を伸ばしましょう。
それから手をパーの形に開いて、背伸びをします。
伸びきった手が地面に着くようにしゃがみながら、息を吐きます。
そして、大きく息を吸いながら背伸びをします。
手が一番上になった時に息を吸い込んだら、ふーっと息を吐きながらしゃがみます。
それを繰り返してください。
アタマでは体の中の空気を全部入れ替えるイメージをしてみてください。
それを繰り返して、落ち着いたかどうかを確認してみてください。
きっと深呼吸する前よりも、恐怖や不安が減っているはずです。

 

この2つのメゾットは小さな子どもさんでもできます。
体全体を使った深呼吸と、頭のなかを幸せホルモンでいっぱいにすること。
とても単純なことですが、年齢や性別に関係なく応用できる心理学の技法です。

 

もし避難所などで近くに困っている子どもがいたら、一緒に実践してくださいね。

Windows7のTempフォルダの肥大化について

何気なく自作デスクトップパソコンを起動して、HDDの空き容量を見たら残り20%を切っていました。

慌てて原因を探ります。

仮想メモリのせいか、撮りだめたビデオのデータが多いのか、はたまた写真のデータか、iTunesか?

うちのマシンのHDDはCドライブだけでも2TBを増設して新規インストールしたばかり。

フォルダを調べていくとAppDataフォルダが大きいのに気づきました。

Windows7とAppDataをググってもなかなか該当する答えが出てきません。

さらにフォルダを絞り込みます。

そうするとCドライブ>ユーザー>AppData>Local>Tempフォルダが大きいのに気づきました。

うちのマシンの場合、Tempフォルダだけで約1.3TBありました(汗)。

原因は本来削除されるはずのTmpファイルのせいでした。
そもそも 「Tmpファイル」は、アプリケーションソフトが作業中に作り出す一時ファイルだそうです。
その作業が終われば消去されるはずものが、正常終了しなかったり、強制終了をした場合に残ってしまうそうで、コンピューターを使っていると知らない間に増えてしまうらしいのです。

じゃあ削除すればいいのかというと、やっぱり不安なので、削除方法を調べました。

そしたらWindows7の付属ツールでできると分かり一安心。

その削除方法はTempフォルダのあるドライブを選んで右クリックでプロパティを表示。
そしてディスクのクリーンアップを選択後、削除するファイルの一覧の中にある一時ファイルをチェックして実行するだけ。
あとは自動で削除してくれます。

なんでも起動の際に一時ファイルを削除するスクリプトもあるらしいですが、定期的に手動でやろうかなと思います。

これで一安心。ほっとしました。