CRF250Rallyに中華製LEDフォグライトを増設中!その1

DIY

アドベンチャー系のルックスがパリダカ全盛期世代を魅了するホンダのCRF250Rallyですが、前回GPKompozitのエンジンガード一式を取り付けました。

エンジンガードが欲しいわけではなくて、LEDフォグライトをかっこよく取り付けたいがためにガードをつけたんですが、よりアドベンチャー色が強まりました。車重は重くなってますけどね。

そしていよいよLEDフォグライトを取り付けます。

困ったときのアマゾンさんで吟味したのがキジマが出しているLEDフォグのセット(下記参照)。

でもこれは5万近くするし、全く手が出せません。

いろいろ物色してヤマハのセロー用に発売されているPIAAのフォグランプがいいなあと思っていたんですが、3万円オーバーの商品なんで、やはり手が出せませんでした。

それでさらに徘徊していると、BMWの1200GSの純正フォグにそっくりで、お値段は純正の10分の1という商品を見つけました。

ライトガードは要らないんでスイッチとLEDフォグのセット8,000円をポチりました。

届いたライトは結構しっかりした作りで、重厚感あります。
ますますバイクが重くなるので重量増は嫌なんですが。。。

レビューを読んでいるとヒューズを飛ばしたとかカウルが溶けたという怖い書き込みもあったのですが、まずはバッテリーと直でつないでみるときちんと点灯します。

そこでCRF250の左側のカウルとシートを外して、配線を検討しました。

ライトに付属のハーネスは、リレーらしきものにON/OFFスイッチ、左右のフォグ用の防水ソケット、バッテリーへの+と-ケーブル(+側に30Aのヒューズ内蔵)となっております。

最初は車体左前のアクセサリー増設用カプラーから電源とろうと思ったのですが、既に純正のUSB給電ソケットが接続されていました。

そこでしばらく悩んで、ETC用に準備されているシート下の増設用カプラーからACC電源を取り出すことにしました。

配線をフレームに沿わせてインシュロックで固定して、シート下にビニールテープでメインハーネスに留められているカプラーを引っ張り出します。

赤い方はメンテナンス用のカプラーでGROMの時には竹川のFiCON2というインジェクションコントローラーをつないだ経験があるので、これは除外です。

※インジェクションコントローラー FI CON2というのは下の写真のようなキットで、インジェクション車の燃料調節を可能にすることで、少し燃料濃いめにしたりとかセッティングできるキットです。

それで白い方のカプラーを取り出してテスターで測ってみると、電源オンの時だけ12.4Vほど流れているのを確認できました。

というわけでここの黒と黒緑の線の+側につなげばいいやと思って、シート下のカプラーを分解し、黒い線の方をオスのギボシ端子に変更し、何も考えずにフォグライトに付属のハーネスの電源ケーブルの先をメスのギボシにしてつないでみました。

そして点灯試験。

もちろん点灯!

そして無事ACC連動です。

安心してカウルを元に戻そうと思ったのですが、念のためエンジンかけてみようと思ってスタートボタンを押すもかかりません。
なんとセルも回りません。リレーの音もしません。

ライト類は全部点きます。

メーターも表示されます。

どっかヒューズが飛んだかなと思って、ヒューズボックスを開けて見るも、FIのヒューズも切れていません。ごくまれに見てもわからない溶解があると聞いたこともあるのでヒューズを替えてみましたが、やはりだめです。

中華製のハーネスのせいでECUかどっかが飛んでしまったかと焦りますが、ECUのせいかは分かりません。

そこでLEDライトに付属のハーネスとCRF250との接続を一旦すべて外して試してみましたが、かかりません。

購入したバイク屋さんの営業時間も終わっており、途方に暮れていると先ほど分解したカプラーは短絡されているのではないかということに気がつきました。

そこで増設用カプラーの黒と黒緑の2本のコードを束ねて一つのギボシ端子に加工しました。

そして一旦取り外したLEDライト付属のハーネスのギボシに接続すると、無事エンジンがかかりました!

いやーよかったです。

そんなこんなで余計な時間を食ってしまったので、ライトそのものの取り付けは後日になります。

また配線に関してはちょっと安全に取る方法を考えないといけませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました