クリスマスにサッカー盤を修理したよ

今日はクリスマスです。

子どもの頃周りにあったのは野球盤で、温泉旅館のゲームコーナーでしか遊ぶことのできなかったサッカー盤が、今では気軽に購入できるようになりました。

そんなノスタルジックな気持ちがあるので、子どもが欲しくなったときにエポック社のサッカー盤を購入しました。


エポック社 サッカー盤 ロックオンストライカー サッカー日本代表ver.<PR>

 

でも買ってきてすぐ、人形を配置して遊ぼうとすると動きの悪いポジションがあります。

操作する棒を前後させると人形は移動するのですが、棒を回転して人形の向きを変えようとするとガリガリ音がします。

どうやら中のギヤ関係がおかしいようです。

バイクや自転車はバラバラにしてメンテするのですが、実はおもちゃは慣れていません。

エポック社のサポートを見ると修理は片道送料を負担して下さいとあり、初期不良でお金払うのは嫌だなと思って、自分で直すことに決めました。

 

そこでググってみたんですけど、修理している人も少なく。。。

 

そういうわけで写真を撮りながら開腹しました。

するとネジの多いこと。

根気よく回していきますが、プラスドライバーの2番がいいかもしれません。

私の愛用のドライバーはスイスのPB製で、ネジの頭に吸い付くような心地よさで、ネジ山を潰す可能性が格段に減るのでおすすめです。

 
PB スイスグリップ プラスドライバー (#2)  <PR>

とりあえず外したネジを比較すると全部同じ種類でしたので、ひとまとめにしておきます。

それから上下の向きを変えてゆっくり持ち上げて本体をばらします。

すると中の仕組みが良くわかりました。

人形を操作する棒にギヤ(歯車)が合って、人形に向けへ90度に力を伝達させて回る仕組みです。

そしてギヤを固定するのにプラスチックのバーがかみ合うようになっているのですが、それが一つだけおかしなことになっていました。

一旦分解して組み直しました。

 

色が白っぽくなっている緑の棒が間違った方向に向いていたので、正しい位置に戻しました。

それから動きを確認して、問題なかったので、元通りに戻します。

 

ここまでくれば一安心。

人形たちも元に戻して無事修理完了です。

周りで見ていた不安そうな子どもたちも笑顔に戻りました!

 それにしてもコーナー付近から中央へセンタリングのように浮いたボールを出せるこのサッカー盤の進化にはびっくりしました。

コメント