ホンダ CRF250Rally 100キロ乗ってみた感想 ・・・曲がらない!

バイクライフ

ホンダ公式サイトより引用

ホンダが誇る250オフロードバイクにRallyの名前を冠したモデルが発売されて約1年ちょっとが立ちました。

元々はCRF450Rallyというコンペモデルの外装をまとったCRF250Lという感じなのですが、ところどころに改良が入っていて、450Rallyに似せた外装がとてもバランスよく造形されていて、所有欲やアドベンチャー気分を満足させてくれる外観のマシンです。

 

今回機会があって、やまなみハイウェイを中心に軽く走ってみましたので、その時のインプレを書こかせていただきます。

 

まず私が乗ったモデルは車体番号200番台のおそらく初期ロット。

ローダウンモデル(以下LDモデル)で変更点はエキパイをSP忠男のパワーボックスに交換してあります。

スペシャルパーツ忠男 パワーボックスパイプ CRF250RALLY(17-)
by カエレバ

ローダウンモデルのサイドスタンドはかなり短く、停車中のバイクはかなり左に傾いています。

またがってみるとサスの沈み込みもけっこうあり、足つきは良好です。

林道などダートに入っていく場合には無理してノーマルに乗るよりも、足つきを優先させてLDモデルに乗った方が、車体が傾いて片足で支えることになった場合、かなり踏ん張れる感じがしました。

車体を起こしてサイドスタンドを払い、エンジン始動です。

純正の鍵なんですが、少し新しいせいか差し込むときの滑りが悪かったです。

 

気を取り直してエンジン始動。

サイレンサーはノーマルなんですが、割と好感の持てる排気音でした。

エンジンのメカノイズも耳障りではなく、長距離を走るにはこれぐらい静かな方が良さそうです。

 

そしていよいよ走り出します。

チェンジペダルのフィーリングはまずます。

グロムのようにふにゃっとした感じは余りありません。

但しノーマルのクラッチレバーですとリーチの調整機構がないので、手が小さい方には少し遠すぎますね。社外品でアジャスタブルのレバーも出ていますので、乗ってみてしっくりこない場合は交換する方が安心です。

 

平地での走行はさすが250cc。原付や原付二種を無理して走らせるよりも、安心感があります。

車の流れも普通に走っている分にはリードできますし、無理をしなければ通勤にも問題なさそうです。

サスペンションの動きは柔らかめで、コンペモデルのような倒立サスではなく、しっかり動いてギャップを乗り越える際の衝撃を受け止めてくれます。
このサスのセッティングは長距離をゆったり走るのにはとても良い感じです。
原付二種がボートなら、ラリーはフェリーに乗っている感じとでも表現しましょうか。
R1200GSのようなアドベンチャーとまではいきませんが、ホイールベースの長い車に乗っているような安定感があります。

ただし私がどうしても気になったのは、曲がりにくいこと!
直進安定性にキャラクターが振ってあるのか、CRF250Lとキャスターやトレールも違っており、曲がる際に車体を倒しこんでも曲がろうとしません。
あんまり寝かせると安いブロックタイヤなんでグリップを失いそうです。
最初はブレーキホースがどこかにひっかかって、左に曲がるときに押し返されているのかと思いましたが、違うようです。
アドベンチャーというキャラクター性を忠実に再現するためか、まっすぐ走ることの快適性を追求した仕上がりだと感じました。
ツーリングに出る人にとってはこれは最高の個性かも知れません。
ただ通勤や峠を走ることが多い方の場合、この曲がりにくい特性のせいでラリーは嫌いになるかも知れません。
普通のトレイル車やモタードバイクを乗り継いできましたが、これまで乗ってきたバイクはリーンする際に倒していくと割とクイックに曲がってくれましたが、ラリーはゆったり走ることを求められます。
この曲がりにくいという感想は余りネットでお目にかからなかったのですが、元ベーシックのインプレ第2回で同じようなことをおっしゃっていたので、気になる方はそちらも参考になさってください。

モトベーシック:CRF250Rally インプレ第2回(外部リンク)

CRF250Lに比べ外装がいろいろ付いているせいか、重量バランスがフロントヘビーのせいだというコメントでしたが、まさに仰るとおりでしたので、私の感覚も間違っていなかったと思います。
でも同じCRF250Rallyのオーナーさんに曲がりにくくないですか?って尋ねても、そこまで困っている方はいなかったです。

 

やまなみハイウェイを快走!

二車線の追い越し禁止区間を走る。
車の流れに沿って走ることは全く問題なく、バックトルクもそこまで強くないので、アクセル開度をこまめに調整する必要が感じられませんでした。

そのためスロットルロッカーのようなお手軽グッズを使うと、長距離走行が楽になることは間違いないでしょう。

エンジンの振動も横置きの単気筒とは違い、縦置きな為、不快な振動も少なく、運転していての疲労はかなり少ないです。

排気音が素晴らしいとの評価もありますが、これは好みなのでどうでしょう?
山にうるさいマフラーで入っていくのはとても威圧感があり、歩きのハイカーさんのバイクへの印象が悪くなりますので、エキパイだけ変えるのがいいのかも知れないなあと感じました。

追い越し加速は現代の250レベルなので期待しないように。。。

登りにさしかかると、そこはやはり250ccの非力さが目立ってしまいます。
多分大排気量のバイクに乗っていなければ、そこまで気にならないのかもしれませんが、アクセル開けても登ってくれません。

ダートの登りなど林道ではこれぐらいのパワーの方が初心者には扱いやすいと思いますが、一般道の登りでは車の流れを妨げることもあるかと思うぐらい、少し不安になりました。

そして追い越し禁止区間が終わり、中央線が白い点線になったのを見計らって、速度の遅い大型バスを抜いてみました。
するとどうでしょう?
アクセル開けても思うように加速してくれません。
一生懸命エンジンが回っているのですが、その追い越し加速はじわじわと速度が上がる感じで、よほど遅い車でない限りは、追い越しは無理だと感じるレベルでした。
余裕のあるときだけにとどめた方がよいかも知れませんね。
それでものんびりゆったり走る分にはマイルドなエンジンなので、疲労が少ないと思います。

ウインドプロテクション効果抜群のCRF250Rally!

疲労に関しては大型のウインドスクリーンとナックルガード、それにボディのサイドフェアリングがいい仕事してくれます。
逆に夏場は暑いです。
気温30度弱の夏日に走ってみたのですが、ウインドプロテクション効果が抜群のため、タイチのクールライドインナーを着てメッシュジャケットにしていても暑くて叶いませんでした。

またグローブも薄手にしてたんですが、ぜんぜん風が来ないので、暑くて汗ばんでしまいました。

そして意外だったのがタンク周りから下のサイドフェアリング。

足にあまり風がそよいで来ません。だから夏日は暑かったです。
逆に長距離を走るときは風圧で疲れないって事ですね。
またエンジンも水冷シングル250なので、インライン4のような発熱はなく、足が暑くてたまらないというのはありませんでした。

 

お尻が痛くなるのはやはりオフ車なので仕方ないかも。

R1200GSと比べるとシートはやはり今までのオフ車の域を出ていません。
体重移動は簡単にできますが、シートに付属のベルトがお尻にあたって気持ち悪いので外した方が、いいでしょうね。

夏場はお尻が群れてくるのでコミネのメッシュ素材のシートクッションなどを併用すると快適になる予感がしました。

でもグロムに比べるとお尻の痛みはかなり少ないです。

コミネ 3Dエアメッシュシートカバー 2層 アンチスリップ ブラック Lサイズ AK-109
by カエレバ

積載性は他社のアドベンチャー系バイクに劣ります。

カワサキヴェルシスやスズキのVストロームには純正でパニアケースやトップケースの設定がありましたが、このCRF250Rallyにはありません。
唯一あるのがヘプコ&ベッカーのトップケースなのですが、なぜH&Bの中でもアグリーなこいつを選んだのかと思うほど不細工です。
私ならH&Bの中から選ぶのであればジュラルミン素材を選ぶでしょうね。
ラリーにはサイドケースの設定がないので、GIVIなど社外のサイドケースをつけようと思ったらアングル等でステイを自作する必要があります。
それが面倒という方はエンディリスタンというアドベ系のアイテムを作っている会社の完全防水のバッグがあるのでそれがおすすめです。

エンデュリスタン ブリザード オフロード用完全防水防塵防砂サドルバッグ Lサイズ
by カエレバ

 

CRF250Rally インプレッション 次回へ続く

コメント